記事内には広告を含む場合があります。

【マイクラ】チャンクベース(Chunk Base)の使い方

【マイクラ】チャンクベース(Chunk Base)の使い方 マインクラフト

バイオームやダンジョンなどの場所が調べられるサイト、チャンクベース(Chunk Base)の使い方について解説していきます。

チャンクベースを使えば、見つけにくいバイオームやダンジョンなどの位置がすぐにわかります。

「ネザー要塞が見つからない」
「バイオームの場所が知りたい」
「アメジストジオードを探してる」
「スライムチャンクを調べたい」

といったお悩みも解決することができるので、ぜひ参考にしてみてください。

スポンサーリンク

マイクラ統合版ver1.20.10アップデートにて、統合版のアイテム名がJava版と同じ名称に変更されました。

発射装置 → ディスペンサー
観察者 → オブザーバーなど

これにより、記事内のアイテム名が現在のものと異なる場合がございます。

こちらについては順次対応をしていきますので、ご不便おかけしますがよろしくお願い致します。

チャンクベース(Chunk Base)とは?

チャンクベース トップ画面

チャンクベース(Chunk Base)とは、マイクラの世界におけるネザー要塞や古代都市などのダンジョンや、沼地や桜といったバイオームがどこにあるかわかる、外部ツールのサイトです。

マイクラの世界は、それぞれのワールドに設定されている「シード値」という数値により、世界の構成が決まっています。

このシード値を解析しているのがチャンクベースというサイトで、シード値を入力することでバイオームやダンジョンなどの位置がわかるようになっています。

スポンサーリンク

チャンクベースはどんな時に使うといい?

チャンクベースは、ゲームのデータを改変するチートとは異なるため、使っても特に問題はありません。

ただし、バイオームやダンジョンの位置がほぼ確実にわかるため、探索の要素が損なわれる点には注意が必要です。

マイクラの遊び方は人それぞれなので結局はそれも自由ですが、おすすめとしては以下のような時にチャンクベースを使うといいでしょう。

  • コマンドが使えない、使いたくない
  • 探索に時間をかけたくない
  • 最適な拠点の場所を探したい

コマンドが使えない、使いたくない

locateコマンドのメッセージ

マイクラでは、コマンドという公式のチート機能を使うことでもバイオームや構造物を探すことができます。

ただし、コマンドにはいくつか欠点もあります。

まず、Realmsなどのマルチプレイサーバーでは、ホストによってコマンドの使用が許可されていないと使うことができません。

Realms(レルムズ)とは、マイクラ公式が提供しているマルチプレイ可能なレンタルサーバーです。

パソコンやスマホ、ゲーム機のみでマルチプレイする場合、マイクラのワールドを作成したホストがゲームを起動してワールドにいないと、他のプレイヤーがそのワールドに入れないという問題があります。

その点、Realmsなどのレンタルサーバーを利用してワールドを作成すれば、サーバーは常にオンラインで起動しているため、ホストが不在でも他のプレイヤーが遊ぶことができます。

追加のメリットとして、データの保存先がサーバー上になるため、Switchなどのスペックの低い機種でも動作の重さが軽減されるという利点もあります。

月額料金Realms(3人まで)Realms Plus(11人まで)
Windows10480円930円
Nintendo Switch470円940円
PS4/PS5440円880円
iOS480円960円
Android395円855円

 

なお、Java版の場合はMODを利用できるVPS(レンタルサーバー)の方がおすすめです。

また、統合版ではコマンドの使用を許可するとそのワールドで「実績」が獲得できなくなるため、コマンドを使いたくない場合もあるでしょう。

そのほか、『アメジストジオード』や『スライムチャンク』といったバイオームとも構造物とも異なるものも、コマンドで探すことができません。

また、統合版のコマンドでは『ピラミッド』『イグルー』『ジャングルの寺院』『ウィッチの小屋』が「temple」という一つの構造物にまとめられており、個別に探すことができません。

このような場合にチャンクベースを使うと便利です。

コマンドを使ってバイオームや構造物を探す方法はこちら

探索に時間をかけたくない

マイクラには数多くのバイオームやダンジョンがあり、運が悪いと何十時間と探索しても見つからないこともあります。

また、ダンジョンなどの「冒険」や「攻略」は好きでも、何かをアテもなく探す「探索」は好きじゃないという人もいるでしょう。

せっかく「自由な遊び方」「自分の好きな遊び方」ができるのがマイクラです。

自分のストレスになるような要素を省略してしまうのもいいでしょう。

最適な拠点の場所を探したい

収穫しやすくしたアメジスト

「最適な拠点の場所とは何か?」は人によって異なりますが、周囲のバイオームや構造物が重要なのは間違いありません。

マイクラの自動装置には、例えば「ウィッチトラップ」における『ウィッチの小屋』のように、特定の構造物を利用するものがあります。

また、『アメジストジオード』で収穫できる「アメジストの欠片」は、プレイヤーが近くにいないと成長しないうえ、成長元のブロックは持ち運べません。

そのほか、「周囲の景観」「作れる装置」といった都合から、バイオームも拠点の場所を選ぶ際のポイントとなるでしょう。

こうした事を考えていくと、拠点は特定のバイオームや構造物の近くに作った方が、収穫物などの面で有利です。

そんな最高の拠点の場所を探したい時にも、チャンクベースの使い方を知っておくと便利です。

スポンサーリンク

チャンクベースの基本的な使い方

チャンクベースの基本的な使い方について解説していきます。

シード値の確認方法

チャンクベースを使うにはワールドの「シード値」を入力する必要があるため、まずはシード値を確認しましょう。

統合版の場合

統合版の場合は、ワールドの「設定」→「ゲーム」からシード値が確認できます。

シード値の確認と座標の表示

この時、もし「座標の表示」の設定をしていないようであれば「オン」にしておきましょう。

Java版の場合

Java版の場合は、チャット(T)を開き、「/seed」というコマンドを入力して実行すると「シード値」が表示されます。

シード値の確認方法(Java版)

シード値が表示されたあと、もう一度チャットを開いてシード値にマウスカーソルを合わせてクリックすると、シード値がコピーできます。

Java版はコマンドを使用しても「進捗」が解除できます。

チャンクベースで探すものを選ぶ

次に、Chunk Base にアクセスし、「Apps」をクリックします。

チャンクベース Apps

画面を下にスクロールすると上の画像のように項目が出てくるので、この中から自分が探したいものを選びましょう。

英語でどれが何の項目かわかりづらい場合は、以下を参考にしてみてください。

Popular
Biomeバイオーム
Slime Chunkスライムチャンク
Village
Overworld(表世界)
Dungeonスポナー
Stronghold要塞(エンド要塞)
Mansion森の洋館
Monument海底神殿
Pillager Outpostピリジャーの前哨基地
Mineshaft廃坑
Ruined Portal荒廃したポータル
Jungle Templeジャングルの寺院
Desert Temple砂漠の寺院(ピラミッド)
Witch Hutウィッチの小屋
Buried Treasure埋もれた宝
Shipwreck難破船(沈没船)
Iglooイグルー
Ocean Ruin海底遺跡
Fossil化石
Ravine渓谷
Amethyst Geodeアメジストジオード
Ancient City古代都市
Nether and End(ネザー&エンド)
End Cityエンドシティ
Nether Fortressネザー要塞
Ruined Portal荒廃したポータル
Bastion砦の遺跡(ピグリン要塞)
End Gatewayエンドゲートウェイポータル

『旅路の遺跡』『砂漠の井戸』『鉱脈』『洞窟』については、後ほど解説する「シードマップ」でのみ探すことができます。

シードマップは、同時に複数の構造物などを探しつつ、バイオームも確認できるモードです。

シード値を入力してバージョンを選ぶ

次に、画面上部の「Seed」にワールドの「シード値」を入力し、「version」のところを『Java Edition』または『Bedrock Edition(統合版)』の現在のバージョンに変更します。

チャンクベースのシード値の入力とバージョン設定

探すものによっては「Dimension」という選択項目もあるので、「Overworld(表世界)」「The Nether(ネザー)」「The End(エンド)」の中から選びましょう。

これで、下のマップにそれぞれ探したいものの座標や位置などが表示されます。

目的地点の座標を表示する

マップの見方は探すものによって若干違うので後ほど解説します。

マップをドラッグ(スマホはスライド)すると座標を移動でき、ホイール操作(スマホは指でつまむ)をすると拡大と縮小ができます。

そして、マップの目的地点にカーソルを合わせると(スマホはタップ)、マップの左下に座標が表示されます。

チャンクベースのマップの座標

右下にはその座標のチャンクの範囲が「from」「to」で表示され、探すものによってはその下にそのバイオームや構造物の詳細が表示されるのでチェックしておきましょう。

チャンクについての解説はこちらの記事で

以上がチャンクベースの基本的な使い方です。

スポンサーリンク

チャンクベースのマップの見方

ここでは、バイオームや構造物ごとのマップの見方について解説します。

バイオーム

バイオームファインダーの場合、以下のようなバイオームごとに色分けされたマップが表示されます。

チャンクベースのバイオームファインダーの見方

画面の下のほうにある「Highlight biomes」にチェックを入れ、その右の空白部分をクリックすると、探したいバイオームを選択することができます。

バイオームを選択すると、それ以外のバイオームが背景のように薄くなり、目的のバイオームが見つけやすくなります。

バイオームの選択は複数可能です。

スライムチャンク

スライムチャンクとは、マイクラの世界において決められている、スライムがスポーンする16×16マスのチャンクのことです。

スライムは沼地にもスポーンするほか、このスライムチャンクの「y=39」以下の高さでスポーンします。

スライムファインダーでは、以下のような緑のマス目でスライムチャンクが表示されます。

チャンクベースのスライムファインダーの見方

カーソルを合わせると(スマホはタップ)、右下にチャンクの範囲が「from」「to」で表示されます。

この「from (X/Z)」の座標点と「to (X/Z)」の座標点をつないだ16×16マスの範囲がスライムチャンクです。

構造物(ダンジョン)

ここでは「砦の遺跡(ピグリン要塞)」である「Bastion」を例として紹介します。

砦の遺跡の場合は、以下のようにマップに色違いの丸い点が表示されます。

チャンクベースのバスティオンレムナントファインダーの見方

この時、丸い点にカーソルを合わせると右下に詳細情報が表示されます。

砦の遺跡の場合は「Bridges(橋)」「Hoglin stables(ホグリンの小屋)」「Housing units(住居)」「Treasure room(宝物部屋)」という4つのタイプが表示されます。

ほかの構造物でも右下に詳細情報が出ることがあるので、チェックするようにしましょう。

スポンサーリンク

シードマップ(Seed Map)の使い方

シードマップ(Seed Map)は、バイオームや構造物などをまとめて表示できるモードです。

同時に複数の構造物などを表示しつつ、バイオームも一緒に確認することができます。

シードマップは、Chunk Baseの「Apps」のページの下部からアクセスできます。

チャンクベース Seed Map

こちらも「Seed」にワールドのシード値を入力し、「version」を現在のバージョンに変更します。

チャンクベースのシード値の入力とバージョン設定2

ネザーおよびエンドのマップが見たい場合は「Dimension」も変更しましょう。

下にある画像アイコンをクリックすると、バイオームや構造物などの表示を切り替えることができます。

右端にある「▼」をクリックすると、以下のような表示できるのでおすすめです。

シードマップのアイコン

左下に小さくある「Select all」を押すと全選択、「Deselect all」を押すと全解除ができます。

ちなみに、以下のものはシードマップでしか探せない要素です。

シードマップでしか探せない要素
cave洞窟
Appleエンチャントされたリンゴ入りチェスト
Ore veins鉱脈
Desert Well砂漠の井戸
Trail Ruins旅路の遺跡

最後になりますが、シードマップでも「Highlight biomes」にチェックを入れて右の空白をクリックすると、探したいバイオームを選択できます。

また、右下にある「Grid Lines」のチェックを入れると、グリッド線の表示を切り替えることができます。

シードマップの設定項目

シードマップではグリッド線の表示がデフォルトになっていないので、チャンクを確認したい時はチェックを入れるといいでしょう。

スポンサーリンク

バージョンの違いによる注意点

チャンクベースの注意点として、古いバージョンですでに行ったことのある場所では、チャンクベースのマップ通りにバイオームやダンジョンなどが見つからない可能性があります。

なぜかというと、マイクラでは新要素(バイオームや構造物など)が追加された時、基本的には以前に行ったことのある場所には新要素はなく、以前の状態のままです。

そうでないと、拠点や建物を作った場所がいきなり新しいバイオームになっていたり、新しい構造物に押しつぶされてしまったりするためですね。

ところが、チャンクベースでは行ったことのある場所かどうかの判別はできないので、「version」で設定したバージョンの新しいマップが表示されます。

そのため、古いバージョンで行ったことのある場所については、ゲームとチャンクベースのマップに相違が生まれるので注意しましょう。

スポンサーリンク

おわりに

今回は、バイオームやダンジョンなどの位置が調べられるチャンクベース(Chunk Base)の使い方について解説させていただきました。

マイクラは、冒険や収集といった要素のほか、建築や装置作りなど、幅広く自由に遊べるゲームです。

今回紹介したチャンクベースは、人によっては面倒な「探索」という要素を省略できますので、人それぞれ必要に応じて使ってみて下さい。

ウィッチの小屋を見つけてウィッチトラップを作ってみよう

ピリジャーの前哨基地を見つけて襲撃者トラップを作ってみよう

砦の遺跡の宝物部屋を見つけてカエルライトトラップを作ってみよう

マインクラフト
記事が参考になったらシェアお願いします!
ツースのフォローはこちらから
スポンサーリンク
ツースのゲーム攻略簿

コメント

タイトルとURLをコピーしました