Switchのプロコンは買うべきか?ホリパッドとの違いも解説!

Switchのプロコンが必要な5つの理由!ホリパッドとの違いは?Nintendo Switch

Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)を購入すると『Joy-Con』というコントローラが付属しますが、それ以外のコントローラーについてはご存知でしょうか?

最も代表的なものは任天堂純正品の『Proコントローラー』(通称:プロコン)

次に有名なのが任天堂ライセンス商品の『ホリパッド』です。

「任天堂ライセンス商品」は、任天堂との適合性が確認された商品です。

また、適合性の確認に加え、玩具安全基準等の一般的な安全基準を満たす水準であることを確認しています。

任天堂 Q&A(よくある質問)より

もし私が誰かに「プロコンとかホリパッドは買った方がいいの?」と聞かれたら、「よほどゲームをやらない人でなければ買った方がいい」と勧めます。

今回はこの、プロコンやホリパッドを買うべき理由についてまとめてみました。

後半ではプロコンとホリパッドの違いについても解説しますので、どちらを買った方が良いのかという参考にもなれば幸いです。

ツース
ツース

今回紹介するコントローラーはこちら↓↓

この記事で紹介しているプロコンやワイヤレスホリパッドですが、昨今の半導体不足と、スプラトゥーン3やモンハンサンブレイク発売の影響を受けてか、品切れと値上がりが続いています。

ニンテンドーストアやネットショップでも在庫切れで販売していない場合もありますので、その場合は以下の記事を参考にしてみてください。

Switchの非純正コントローラーおすすめ5選

プロコンやホリパッドを買うべき5つの理由

冒頭でもお話しましたが、「プロコンやホリパッドは買うべきか?」と聞かれれば「よほどゲームをしない人でもなければ買うべき」と答えます。

その理由としては次の通りです。

Switchのプロコンやホリパッドが必要な理由
  1. Joy-Conはスティックが壊れやすい
  2. ボタンが大きく操作性が良い
  3. 充電が長持ちで充電しながらでも遊べる
  4. さらに複数人のプレイが可能になる
  5. 純正のUSB type cケーブルが付いてくる

それぞれ詳しく説明していきます。

Joy-Conはスティックが壊れやすい


【任天堂純正品】Joy-Con(L) ネオンパープル/(R) ネオンオレンジ 【Amazon.co.jp限定】オリジナルデジタル壁紙(PC・スマホ) 配信 付

非常に残念な話なのですが、Switch購入時にも付属する『Joy-Con』はスティックが壊れやすいことで有名です。

具体的にどう壊れるかというと、スティックの操作認識が入力されたままの状態になり、例えばキャラクターが歩き続けたままになったりします。

ツース
ツース

これ実際に私も経験してまして、
それまでスティックをたくさん使うゲームを遊んでいなかったのですが、『モンスターハンターライズ』を遊び始めると2週間たたずに、スティックを戻してるのにキャラクターが止まらない状態になってしまいました。

この通称『Joy-Conドリフト問題』はアメリカでは集団訴訟にまでなっており、多くの人の身に起こる壊れやすさを物語っています。

Joy-Conが壊れてしまった場合、新しく買うか修理するかになりますが、このJoy-Conは見た目に反して片方で定価4000円以上とお高いです。

任天堂に修理を依頼する場合でも片方で2200円かかり、当然ですが修理中はSwitchで遊べません。

しかもSwitchはかなり人気のゲーム機なので、修理に時間がかかることもあります。

この事を考えると、Joy-Conは極力使わないようにして、プロコンやホリパッドを普段使いにした方が、結果的にコストがかからない可能性も高いです。

ツース
ツース

コントローラーを修理に出す時に、お互いにスペアにもなりますね。

ボタンが大きく操作性が良い

手に持ったプロコン

Joy-Conは本体に装着したり取り外して使えたりと画期的なコントローラーですが、ボタンが小さくお世辞にも操作性が良いとは言えません。

RやZRといった上側のボタンもかなり小さく、押す時に手をかなり縮こまらせなければならないので、手への負担も大きいです。

中でもスティックの小ささと固さはゲームにとっても問題で、少しだけスティックを倒して調整、みたいな操作はかなり難しいです。

それに比べると、プロコンはオーソドックスなサイズでボタンも押しやすく、手の窮屈さも感じないので疲れにくいです。

操作性の面でも、モンハンで弓という武器を使っていた時、Joy-Conのスティックでは照準がうまく調整できなかったのが、プロコンにしてからは劇的に楽になり命中精度が上がりました。

ツース
ツース

Joy-Conを使ってた時はJoy-Conにそれほど不満はありませんでしたが、いざプロコンを使ってみると「今までめっちゃ苦労してたんだな」と気付かされました。

プロコンは充電が長持ちで充電しながらも遊べる

Joy-Conに比べるとプロコンは充電が長持ちです。

公表されているデータは以下の通り。

Joy-Conのバッテリー
  • バッテリー容量:525mAh
  • 使用可能時間:20時間
  • 充電時間:約3時間30分
Proコントローラーのバッテリー
  • バッテリー容量:1,300mAh
  • 使用可能時間:40時間
  • 充電時間:約6時間

※ワイヤレスホリパッドの使用可能時間と充電時間はJoy-Conと同じです。

このように、プロコンはJoy-Conの約2倍の時間使うことができます。

また、Joy-Conは充電するのに本体にセットしなければなりませんが、プロコンは付属のUSBケーブルをコントローラーに挿すだけなので、テレビモードでも充電しながら遊ぶことができます。

ちなみにワイヤレスホリパッドは、ケーブルの長さが30cmしかないため充電しながら遊ぶのは難しそうです。

Joy-Conは遊び終わった後に充電し忘れると次の日の途中でバッテリー切れして「やっちまった…」といった感じですが、プロコンならそこまでシビアではないですし、充電しながら遊ぶという選択肢もあります。

一応『Joy-Con充電グリップ』というJoy-Conを充電しながらテレビモードで遊べる機器も販売されてるのですが、ここにお金を使うくらいならこれまでの理由も含めてプロコンを買った方がいいと思います。

さらに複数人でのプレイが可能になる

これはプロコンやホリパッドを買うべき理由というより副産物のようなものですが、コントローラーが増えるのでさらに複数人で遊べるようになります。

Switchには「おすそわけプレイ」というJoy-Conの左右を2人で分けて遊べるゲームがありますが、プロコンやホリパッドがあれば3人で遊ぶこともできます。

また2人で遊ぶ場合も、大きなコントローラー2つで遊ぶことができます。

これは家族や友達と遊ぶことがある人にはちょっと嬉しいメリットになるかと思います。

プロコンとワイヤレスホリパッドにはUSB Type-Cケーブルが付いてくる

任天堂純正USB Type-Cケーブル

こちらも副産物ですが、プロコンには充電用の任天堂純正の『USB Type-Cケーブル』が付いてきます。

このUSB Type-CケーブルというのはSwitch本体の充電端子と同じです。

有線のホリパッドはType-Aです。

Switch本体の購入のみだと、本体の充電は付属するACアダプターでコンセントからの充電しかできません。

しかしこのプロコン付属のUSB Type-Cケーブルを使えば、本体の充電もUSB端子からできるようになります。

特にモバイルバッテリーはUSB端子だけのものも多いので、Switchを持ち運びする人にとっては嬉しい付属品だと思います。

以上がプロコンやホリパッドを購入した方がいい理由でした。

ここからはプロコンとホリパッドの違いについて解説していきます。

プロコンとホリパッドの違いは?

プロコンやホリパッドの買うべき理由についてはお話しましたが

  • プロコンとホリパッドってどう違うの?
  • 値段はどれが安いの?
  • 結局どっちを買った方がいいの?

といった疑問が出てくると思います。

そこでまずはプロコンとホリパッドの違いについて解説していきます。

最初に簡単な比較表をご覧ください。

2022年2月現在、ワイヤレスホリパッドは品薄で入手困難になっているようです。

2022年6月現在、今度はProコントローラーが品薄で値上がりし、ワイヤレスホリパッドは在庫が十分になって値下げしたようです。

2022年現在、ワイヤレスポリパッドは再び品薄で入手困難になっています。

任天堂純正
Proコントローラー
ワイヤレス
ホリパッド
ホリパッド
無線・有線無線無線有線
ケーブルの長さ1.5m0.3m3m
ジャイロ機能×
amiibo対応××
HD振動××
連射機能××
端子Type-CType-C or BType-A
重さ246g180g170g
価格
(2022年10月Amazon調べ)
¥11000在庫切れ¥2609
Amazonリンク
【任天堂純正品】Nintendo Switch Proコントローラー

【任天堂ライセンス商品】ワイヤレスホリパッド for Nintendo Switch【Nintendo Switch対応】

【Nintendo Switch対応】ホリパッド for Nintendo Switch

わからない項目もあると思うので、ひとつずつ解説していきます。

コントローラーの機能の違い

『プロコン』『ワイヤレスホリパッド』『ホリパッド』はそれぞれ搭載されている機能が違います。

ひとつずつ見ていきましょう。

無線か有線か

プロコンとワイヤレスホリパッドは無線に対応していますが、ホリパッドは有線のみの使用となります。

そのため有線のホリパッドを使う時は、常にSwitch本体のドッグ(テレビモードでプレイする時に本体を差し込む台)に接続する必要があります。

それに対して、プロコンやワイヤレスホリパッドは無線でも有線でも使うことできるので、普段は無線で遊び、途中で充電が切れたら有線で遊ぶ、ということも可能です。

ただし、ワイヤレスホリパッドは付属する充電コードが30cmしかないため、長めのコードを購入する必要があります。

ジャイロ機能

コントローラーを傾ける女性

ジャイロ機能とは、コントローラー自体を上下左右に動かすことでカメラ操作を行えるセンサー機能のことです。

このジャイロ機能を利用する代表的なゲームとしては『スプラトゥーン2』『ゼルダの伝説 ブレスオブザワイルド』『モンスターハンターライズ』『フォートナイト』などでしょうか。

ジャイロ機能を使用しなくても遊ぶことは可能です。

有線のホリパッドはジャイロ機能がありませんので、ジャイロ機能を使いたい場合はプロコンかワイヤレスホリパッドを使う必要があります。

ちなみにJoy-Conもジャイロ機能に対応しています。

ツース
ツース

子供さんにプレゼントする時などは、ジャイロ機能を使いたいかもしれないので注意して下さいね。

amiibo

クラウドのamiibo

amiiboとは、任天堂が発売しているゲーム連動フィギュア、またはカードのことです。

NFC機能(近距離無線通信)なんて言い方もしますね。

amiiboに対応したフィギュアやフィギュアやカードを、amiiboに対応したコントローラーに近づけることで、ゲームと連動してゲーム内にキャラクターが登場したり特典アイテムをもらえたりします。

ワイヤレスホリパッドとホリパッドはこのamiiboに対応していないため注意が必要です。

ツース
ツース

ただしJoy-Conはamiiboに対応しているので、amiiboを使う時だけJoy-Conを使うという形でも良いかもしれません。

HD振動

これまでのコントローラーの振動機能とは全く違う最先端の振動技術、だそうです。

簡単に言えば「これまでよりも細かい強弱や振動パターンで臨場感を与えるもの」だそうですが、こんな簡単に言うと技術者の方に怒られてしまいそうなくらいすごい技術みたいです。

私はあまり振動のあるゲームをやらないので正直大きな違いはわかりませんが、プレステ2や3のコントローラーの振動みたいな「痛い!」という感じが無いのが嬉しいです。

この機能もプロコンのみ搭載されています。

ツース
ツース

Switch発売前の体験会では「これはすごい!」と話題になったらしいですね。

連射機能

有線ホリパッドの連射ボタン

有線のホリパッド限定で連射機能がついています。

ABXY,LR,ZL,ZRといった各ボタンを連射、または連射ホールド状態にできます。

連射の速度も秒間約5,12,20回の3段階から設定できます。

放置して何かを稼いだりする場合には便利かもしれません。

ツース
ツース

対戦ゲームなんかで使うとチートとも言える機能のついたコントローラーに、よく任天堂がライセンスを出したなぁと思います。

重さや操作性の違い

プロコンの重さが246gなのに対し、ワイヤレスホリパッドとホリパッドは180gと170gです。

プロコンの方が機能が多い分、重くなっているのだと思われます。

他にコントローラーの操作性の違いとして、プロコンに比べてワイヤレスホリパッドやホリパッドの方がスティックが少しだけ長いそうです。

スティックが長いということは細かい操作が可能である反面、操作が少しだけ難しいかもしれません。

とはいえ、人によっては気が付かないレベルなのでそこまで気にする必要はないでしょう。

また、ボタン配置もワイヤレスホリパッドやホリパッドの方がボタン同士が離れているとのこと。

そのため、ボタンの同時押しをするようなゲームではボタンが遠いと感じるかもしれません。

ツース
ツース

大抵のアクションゲームはⓎとⒷとか同時押ししてる気がしますね。

価格やカラーの違いについて

プロコンとホリパッドは、価格はもちろん販売されているカラーも違います。

プロコンの価格やカラー

プロコンの価格はAmazon価格でも10700円と大きく値上がりしていますが、連射以外の全ての機能がしっかり搭載されています。

充電用のUSB Type-Cケーブルも必ず付属し、長さも1.5mと十分な長さです。

カラーは2022年2月現在、基本の『ブラック』か『スプラトゥーン2エディションカラー』は在庫が十分にあるようです。

2022年10月現在、品薄で入手困難な状態が続いているようです。

他には、今後のゲームの販売に合わせて限定カラーが登場する可能性があります。

ワイヤレスホリパッドの価格やカラー

ワイヤレスホリパッドは、以前はプロコンより1000円ほど安かったのですが、現在は品薄のためか8400円とプロコンより高くなってしまっています。

2022年6月現在は、品薄が解消されて5473円まで値下がりしています。

2022年10月現在、品薄で入手困難な状態が続いています。

カラーは、ブラック以外にも「ピカチュウ」や「マリオ」の絵が入ったカラーなどもありますが、そちらは品薄のままでブラックよりも価格が高くなっています。

有線ホリパッドの価格やカラー

有線のホリパッドは価格が断トツで安く、Amazon価格で2609円とワイヤレスホリパッドの約3分の1の値段ですが、連射以外の機能はありません。

付属するUSBケーブルもType-Aのため、Switch本体の充電などには使えません。

カラーは『ブラック』『ブルー』『レッド』の3色があります。

以上が『プロコン』『ワイヤレスホリパッド』『ホリパッド』の違いでした。

この情報を踏まえたうえで「結局どのコントローラーを買うべきか」についてお答えしていきたいと思います。

プロコンとホリパッドどちらがおすすめ?

任天堂純正のProコントローラーがおすすめの人

任天堂純正 Proコントローラーがおすすめの人
  • 価格を気にしなければ基本的には一番おすすめ
  • ゲーム終了後に充電を忘れがちな人
  • ジャイロ、amiibo、HD振動といった機能をしっかりと押さえておきたい人
  • 任天堂の純正品を使いたい人

価格さえ気にしなければ最もおすすめのコントローラーです。

バッテリー容量が多いこと、ケーブルが長く充電しながらでも使えることから、こまめな充電を忘れがちな人も安心して使えます。

ジャイロ機能をはじめ、amiibo、HD振動といった機能もすべてついているので、これらの機能が必要になった時も安心です。

特にジャイロ機能は子供さんも欲しがる機能だと思うので、子供さんの誕生日などのプレゼントにもおすすめです。

ワイヤレスホリパッドがおすすめの人

ワイヤレスホリパッドがおすすめの人
  • 品薄で価格も高騰してしまったため基本的にはおすすめできない
  • プロコンよりも安価で無線コントローラーを使いたい人
  • 無線で軽いコントローラーが使いたい人
  • どうしてもプロコンを使いたくない人

以前はプロコンより安かったワイヤレスホリパッドですが、品薄のためか価格が高騰してしまい、選ぶ理由を失ってしまった感じです。

2022年6月現在は、プロコンのほぼ半額で買えるため、価格を抑えて無線コントローラーを使いたい人におすすめのコントローラーです。

2022年10月現在、品薄で入手困難な状態です。

ただし、HD振動がない点、USBケーブルが短い点には注意しましょう。

有線のホリパッドがおすすめの人

有線のホリパッドがおすすめの人
  • Joy-Conを壊さないためのスペアがとりあえず欲しい人
  • 有線のみでも問題ない人
  • ジャイロやHD振動といった機能がなくてもいい人
  • 連射機能を使いたい人

とにかく価格をおさえたいという人は有線のホリパッドがおすすめです。

ただし有線でしか使えませんので、ゲームをプレイする時の環境と相談しましょう。

また、ジャイロ機能やHD振動も搭載していないので、その点にも注意が必要です。

まとめ

今回は、プロコンやホリパッドを買うべき理由と、それぞれの違いやどのコントローラーを買うべきかについてお話させて頂きました。

繰り返しになりますが、プロコンやホリパッドはよほどゲームをやらない人でなければ買って損はないコントローラーです。

操作性が良いことや充電の問題が解消されるのはもちろん、Joy-Conのスティックはかなり壊れやすいので、修理することになるくらいならプロコンやホリパッドを購入しておきましょう。

そしてプロコンとホリパッド、どちらを買うべきかは人によって異なります。

基本的にはプロコンが最もオススメですが、価格を抑えたい人にはワイヤレスホリパッドや有線ホリパッドもおすすめです。

今回紹介したコントローラーはあれば確実にゲームが快適になりますので、ぜひプロコンやホリパッドを購入して快適なゲーム生活をお楽しみください。

Switchを有線LAN接続して通信エラーやラグを解消する方法

Switchの非純正コントローラーおすすめ5選

タイトルとURLをコピーしました