【マイクラ統合版】コマンドの基本的な使い方とよく使うコマンド一覧

【マイクラ統合版】コマンドの基本的な使い方とよく使うコマンド一覧マインクラフト

マイクラのコマンドとは、チャットなどに特定のテキストを入力することで、テレポートや建造物の座標検索、広範囲へのブロック設置など、あらゆる事ができる公式のチート機能のことです。

サバイバルモードでは、実績が獲得できなくなったりゲームバランスを崩してしまうこともあってあまり使いませんが、クリエイティブモードでは時間短縮に繋がります。

ツース
ツース

クリエイティブモードで装置を作ってみたり、古代都市のような構造物を見つけて内部を調べてみたりする時に便利です。

今回はそんなコマンドの基本的な使い方と、よく使うコマンドを使用例とともに紹介します。

使用例を参考にすればそれほど難しいものではないので、ぜひ参考にしてみて下さい。

スポンサーリンク

コマンドを有効にするには?

チートの実行

コマンドを使えるようにするには、「設定」→「ゲーム」の下の方にある「チートの実行」をONにします。

この設定は、ゲームモードを「サバイバル」から「クリエイティブ」にした時にも自動的にONになります。

「チートの実行」をオンにする、およびゲームモードを「クリエイティブ」に変更すると、そのワールドで実績やトロフィーが獲得できなくなります。

また、ワールドの作成者以外のプレイヤーがコマンドを使えるようにするには、「プレイヤーの権限レベル」および「権限の設定」を変更する必要があります。

プレイヤー権限

プレイヤー権限の設定は、メニューからプレイヤー名の右のマークを選び、権限レベルの変更をしてから「オペレーターコマンド」「テレポートの使用」を『はい』に変更します。

これでコマンドを使う準備は完了です。

スポンサーリンク

コマンドの基本的な使い方

コマンド入力の共通ルール

コマンドの基本的な入力方法

コマンドの基本的な使い方としては、チャットウィンドウに決められたルール通りに特定のテキストを入力し、実行します。

チャットウィンドウの開き方は、PC版の場合は「Enterキー」、Switchなどのゲーム機の場合は「十字キー右」です。

コマンド入力の共通ルールは以下の3つです。

コマンド入力の共通ルール
  • /(スラッシュ)+コマンド名からはじめる
  • 半角英数字を使用する
  • 文字列の区切りは半角スペースを使う

大前提として、このルールが守られていないと「構文エラー」となってコマンドが実行されないのでご注意ください。

ターゲットセレクターについて

ターゲットセレクター

様々なコマンドで活用できる「ターゲットセレクター」について解説しておきます。

まずは、以下のコマンドの例をご覧ください。

/clear @a

「/clear」はプレイヤーのインベントリからアイテムを消去するコマンドで、追加設定としてワールドのすべてのプレイヤーからアイテムを消去するようになっています。

この「@a」というのが「すべてのプレイヤー」を意味しており、ターゲットセレクターと呼ばれるものです。

ターゲットセレクターには以下の種類があり、対象を選択するタイプのコマンドでよく使われるので覚えておくと良いでしょう。

ターゲットセレクター対象
@s自分自身
@p最も近いプレイヤー
@aすべてのプレイヤー
@rランダムなプレイヤー
@eすべてのエンティティ
(プレイヤー以外のモブなども含む)
プレイヤー名プレイヤー名を指定する場合は「@」不要

2種類の座標の入力方法について

コマンドの中には「/tp(テレポート)」のように座標を入力するものがありますが、座標の入力方法には2種類あります。

ゲームのデフォルト設定では座標は表示されない設定になっているので、「メニュー」→「設定」→「ゲーム」から『座標を表示』をオンにしてください。

まずは、以下の2つのコマンド例をご覧ください。

/tp 50 0 -50
/tp ~50 ~0 ~-50

上記はどちらもテレポートのコマンドですが、

上の例は『x=50 y=0 z=-50』の座標にテレポートするコマンドなのに対し、

下の例は『現在地からx軸に50、y軸そのまま、z軸に-50』にテレポートするコマンドです。

そうです、数字の前の「~」というのが「現在地から」というのを意味します。

実際にはテレポートで「~」を使うことはあまりないと思いますが、他の座標を入力するタイプのコマンドでは便利なこともあるので覚えておくと良いでしょう。

ツース
ツース

ちなみに「~」のあとの数字を未入力にすると「0」と同じ意味になります。

「~」と「~なし」は組み合わせることも可能ですが、ややこしいので慣れるまではどちらかだけ利用すると良いでしょう。

チャットの履歴機能や座標のコピー機能を活用しよう

コマンドを紹介する前に、最後にコマンドを入力する際の便利機能を紹介しておきます。

チャットの履歴機能

チャットには過去に実行したチャットを呼び出す履歴機能があります。

例えば、「こんにちは」というチャットを実行したあと、もう一度チャットウィンドウを開いて『↑キー(十字キー上)』を押すと、「こんにちは」をすぐに呼び出すことができます。

これと同じように、過去に実行したコマンドも呼び出すことが可能なので、覚えておくと便利です。

座標のコピー機能

バージョン1.19.10から座標のコピー機能が追加されました。

座標UIのコピーを有効にする

まずは「メニュー」→「設定」→「クリエイター」から『座標UIのコピーを有効にする』をオンにします。

そしてチャットウィンドウを開くと、画面上にそれまでなかった項目が表示されるようになります。

座標のコピー方法

「マイポジション」と書かれているところを選ぶと、「ブロックポジション」という選択肢が出てきます。

マイポジションは自分の現在いる座標をコピーする状態で、ブロックポジションは自分の目線の先にあるブロックの座標をコピーする状態です。

マイポジションでは、自分がいる座標の小数点以下の細かい座標まで表示されます。

少し見づらいですがコマンドでも問題なく使えます。

そして、画面上の座標の右の2つのマークが、コピー&ペーストです。

左のマークを選ぶと画面上に表示されている座標がコピーされ、右のマークを選ぶとコピーした座標をチャットに貼り付けることができます。

ツース
ツース

ブロックを一括設置したり整地するコマンドの時に便利な機能なので覚えておくと良いでしょう。

スポンサーリンク

よく使うコマンド一覧

コマンドの基本的な使い方について説明したところで、それぞれのコマンドを紹介していきます。

とはいえ、マイクラのコマンドはあまり使わないものまで含めると100種類を超えるため、すべて紹介しているとキリがありません。

というわけで今回は、よく使うコマンドのみを紹介していきます。

以下はよく使うコマンドの一覧です。

/clearプレイヤーのインベントリからアイテムを消去する
/locate最寄りのバイオームや構造物の座標を調べる
/tp指定した座標やプレイヤーの場所にテレポートする
/effect暗視や透明化などのステータス効果を付与する
/fill指定した範囲に指定したブロックを一括設置する
/timeワールドの時刻を変更する
/weather天気を変更する

詳しく解説していきます。

/clear プレイヤーのインベントリからアイテムを消去する

アイテムでインベントリがごちゃごちゃした時などに便利なコマンドです。

プレイヤーを指定したり、アイテムを指定して消去することも可能で、マルチプレイでイベントなどを行う際にも使えます。

入力例効果
/clear自身のインベントリからアイテムを消去する
/clear @aワールドにいるプレイヤー全員のアイテムを消去する
/clear @s アイテムID自身のインベントリから指定したアイテムのみ消去する
アイテムを指定する場合はターゲットが必須入力になります。
ツース
ツース

自分のアイテムを消去するだけなら「/clear」のみでいいので、あらゆる機種で使いやすいコマンドです。

アイテムIDについてはこちらのnishiさんの記事がおすすめです。

/locate 最寄りのバイオームや構造物の座標を調べる

特定のバイオームや構造物を探して、探索したり実験をしたい時に便利なコマンドです。

統合版ではバージョン1.19.10から仕様が変更され、「/locate」のあとにバイオームを調べるのか構造物を調べるのか入力するようになりました。

入力例効果
/locate biome バイオームID指定したバイオームを探す
/locate structure 構造物ID指定した構造物を探す
/locate structure 構造物ID true未発見の指定した構造物を探す
「/locate」コマンドではy座標は表示されません。
バイオームID一覧はこちら
バイオーム名バイオームID
 海洋ocean
 Legacy Frozen Oceanlegacy_frozen_ocean
 深海deep_ocean
 凍った海frozen_ocean
 凍った深海deep_frozen_ocean
 冷たい海cold_ocean
 冷たい深海deep_cold_ocean
 ぬるい海lukewarm_ocean
 ぬるい深海deep_lukewarm_ocean
 暖かい海warm_ocean
 暖かい深海deep_warm_ocean
 川river
 凍った川frozen_river
 海岸beach
 石だらけの海岸stone_beach
 雪の砂浜cold_beach
 森林forest
 森のある丘陵forest_hills
 花の森flower_forest
 シラカバの森birch_forest
 シラカバの森の丘陵birch_forest_hills
 シラカバの原生林birch_forest_mutated
 巨大シラカバの丘陵birch_forest_hills_mutated
 暗い森roofed_forest
 暗い森の丘陵roofed_forest_mutated
 ジャングルjungle
 ジャングルの丘陵jungle_hills
 変異したジャングルjungle_mutated
 ジャングルの端jungle_edge
 変異したジャングルの端jungle_edge_mutated
 竹林bamboo_jungle
 竹林の丘bamboo_jungle_hills
 タイガtaiga
 タイガの丘陵taiga_hills
 タイガの山taiga_mutated
 雪のタイガcold_taiga
 雪のタイガの丘陵cold_taiga_hills
 雪のタイガの山cold_taiga_mutated
 マツの原生林mega_taiga
 巨大樹のタイガの丘陵mega_taiga_hills
 トウヒの原生林redwood_taiga_mutated
 巨大樹のトウヒのタイガの丘陵redwood_taiga_hills_mutated
 キノコ島mushroom_island
 キノコ島の海岸mushroom_island_shore
 沼地swampland
 沼地の丘陵swampland_mutated
 サバンナsavanna
 サバンナの高原savanna_plateau
 吹きさらしのサバンナsavanna_mutated
 荒廃したサバンナの高原savanna_plateau_mutated
 平原plains
 ヒマワリ平原sunflower_plains
 砂漠desert
 砂漠の丘陵desert_hills
 砂漠の湖desert_mutated
 雪原ice_plains
 雪山ice_mountains
 氷樹ice_plains_spikes
 吹きさらしの丘windswept_hills
 吹きさらしの森windswept_forest
 吹きさらしの砂利の丘windswept_gravelly_hills
 砂利の山+extreme_hills_plus_trees_mutated
 山麓extreme_hills_edge
 荒野mesa
 荒野の高原mesa_plateau
 変異した荒野の高原mesa_plateau_mutated
 森のある荒野の高原mesa_plateau_stone
 変異した森のある荒野の高原mesa_plateau_stone_mutated
 侵食された荒野mesa_bryce
 草地meadow
 林grove
 雪の斜面snowy_slopes
 尖った山頂jagged_peaks
 凍った山頂frozen_peaks
 石だらけの山頂stony_peaks
 繁茂した洞窟lush_caves
 鍾乳洞dripstone_caves
マングローブの沼地mangrove_swamp
ディープダークdeep_dark
 ネザーの荒地hell
 真紅の森crimson_forest
 歪んだ森warped_forest
 ソウルサンドの谷soulsand_valley
 玄武岩の三角州basalt_deltas
 ジ・エンドthe_end
構造物ID一覧はこちら
構造物名構造物ID
古代都市ancient_city
砦の遺跡(ピグリン要塞)bastionremnant
埋もれた宝buriedtreasure
エンドシティendcity
ネザー要塞fortress
森の洋館mansion
廃坑mineshaft
海底神殿monument
海底遺跡ruins
ピリジャーの前哨基地pillageroutpost
荒廃したポータル(壊れたネザーゲート)ruinedportal
難破船shipwreck
ネザー要塞stronghold
砂漠のピラミッドtemple
イグルーtemple
ジャングルの寺院temple
ウィッチの小屋temple
village

※統合版ではピラミッドやウィッチの小屋がすべて「temple」で統一されてしまっており、個別に探すことはできません。

/tp 指定した座標やプレイヤーの場所にテレポートする

プレイヤー同士を合流させたり、「/locate」で調べたバイオームや構造物にテレポートするのに便利なコマンドです。

統合版では、自身が他のプレイヤーの場所にテレポートするだけであれば、チャットウィンドウの左の「/」マークから「テレポート」を選ぶことでも実行できます。

入力例効果
/tp 100 100 100自身を「x=100 y=100 z=100」の座標にテレポートする
/tp ~100 ~ ~自身を「x軸」の100マス先にテレポートする
/tp @a @sすべてのプレイヤーを自身の元にテレポートさせる
/tp プレイヤー名 @s「プレイヤー名」を自身の元にテレポートさせる

ちなみに、末尾に「true」をつけると、テレポート先にブロックがあるとテレポートしなくなります。

/effect 暗視や透明化などのステータス効果を付与する

地下の構造物の様子を見てみたい時などに、「暗視」などのステータス効果を自由に付与できるコマンドです。

「/effect」コマンドでは、効果対象とステータス効果のほかに「持続時間」「効果レベル」「パーティクルの非表示」が設定可能です。

効果レベルとは、例えば移動速度上昇の効果であれば数値が大きいほど移動速度が早くなります。
(最大値は255で、レベルの概念がないステータス効果もあります)

パーティクルとは、ステータス効果が付与されたプレイヤーの周りに表示されるモヤモヤのことです。

「/effect」コマンドの基本的な入力方法は以下の通りです。

/effect 効果を付与する対象 ステータス効果ID 持続時間(秒) 効果の強さ パーティクル

以下は入力例です。

入力例効果
/effect @a night_vision 600 0 trueすべてのプレイヤーに「暗視」の効果を600秒間与える(パーティクル非表示)
(暗視にはレベルの概念がないため、レベルは何を設定しても変わりません)
/effect @s speed 300 10自身に「移動速度上昇(Lv10)」の効果を300秒間与える(パーティクル表示)
/effect @e clearすべてのプレイヤーと周囲のモブのステータス効果を消す
ステータス効果ID一覧はこちら
名前ステータス効果ステータス効果ID
 スピード移動速度上昇speed
 鈍化移動速度低下slowness
 勤勉採掘速度上昇haste
 疲労採掘速度低下mining_fatigue
 力攻撃力上昇strength
 回復即時回復instant_health
 ダメージ即時ダメージinstant_damage
 跳躍跳躍力増加jump_boost
 目まい画面がゆがむnausea
 再生時間で回復regeneration
 耐性ダメージ減少resistance
 耐火火炎耐性fire_resistance
 水中呼吸溺れなくなるwater_breathing
 透明化透明になるinvisibility
 目つぶし視界が暗くなるblindness
 暗視視界が明るくなるnight_vision
 空腹満腹度が早く減少するhunger
 弱体化近接攻撃の威力低下weakness
 毒時間でダメージpoison
 衰弱時間でダメージwither
 HP ブースト体力の最大値増加health_boost
 吸収使い捨ての体力を得るabsorption
 飽和満腹度回復saturation
 浮遊徐々に浮いて行くlevitation
 致死毒時間でダメージfatal_poison
 コンジット パワーコンジットと同じ効果conduit_power
 低速落下落下速度低下slow_falling
 凶兆村に入ると襲撃イベントbad_omen
 村の英雄村人の交易が値引きvillage_hero
暗闇視界が暗くなるdarkness

※目つぶしはヒナソウから作った「あやしいシチュー」と同じ効果、暗闇は「ウォーデン」が発生させるのと同じ効果です。

※コンジットパワーは、水中にいる時に「水中呼吸」「暗視」「採掘速度上昇」を与える効果です。

「/effect」コマンドでは、「ステータス効果ID」まではすべて入力しないと構文エラーになります。

それ以降を入力しなかった場合、「持続時間」は「30(秒)」、「強さ」は「0」、パーティクルは「表示(false)」が自動的に設定されます。

また、「効果レベル」を設定する場合は「効果時間」、「パーティクル」を設定する場合は「効果時間」と「効果レベル」が必須入力になります。

/fill 指定した範囲に指定したブロックを一括設置する

整地をしたり、床にブロックを敷き詰めたりできるコマンドです。

置換方法を指定すれば、中が空洞の立方体を作ったり、指定したブロックを別のブロックに置き換えたりもできます。

ただし、設置範囲や設置数などにルールがあるので、応用して使うにはある程度の理解が必要です。

「/fill」コマンドの基本的な入力方法は以下の通りです。

/fill 始点のx座標 始点のy座標 始点のz座標 終点のx座標 終点のy座標 終点のz座標 ブロックID データ値 置換方法

データ値とは、統合版ではブロックIDの続きだとお考え下さい。

例えば「stone」は『石』のブロックIDですが、「stone 1」は『花崗岩』のブロックIDです。

この「1」というのがデータ値と呼ばれるものです。

ブロックIDについてはこちらのnishiさんの記事がおすすめです。

置換方法には以下の6種類があります。

未指定指定した範囲のすべてのブロックを置き替える
destroy(非推奨)指定した範囲のブロックを破壊して置き換える
破壊したブロックはドロップする
hollow指定した範囲の外側にのみブロックを設置する
内部は空洞になる
outline指定した範囲の外側にのみブロックを設置する
内部はそのままになる
keep指定した範囲の空気ブロックを置き換える
replace ブロックID指定した範囲の指定したブロックを置き換える

destroyは、ブロックが大量にドロップし、機種によってはワールドがクラッシュしかねないので極力使わないこと。

置換方法を指定する場合は、データ値が必須入力になります。

データ値がないブロックについては「0」を入力します。
(例えば「stone 0」と入力すれば『石』になります)

そして、設置範囲や設置数には以下のルールがあります。

設置範囲と設置数のルール

  • シミュレーション距離の範囲内にしか設置できない
    (範囲外を指定した場合は『世界の範囲外にブロックを設置することはできません』というエラーが出ます)
  • 一度に設置できるのは32768ブロックまで
    (設置数制限を超えた場合は『指定した領域にあるブロックが多すぎます』というエラーが出ます)

シミュレーション距離についてはこちらの記事を参考にしてください。

以下は入力例の紹介です。

入力例①:フラットの世界の床を鉄ブロックにする

フラットの世界の床を鉄ブロックに

シミュレーション距離4の場合

/fill 47 -61 47 -32 -61 -32 iron_block

シミュレーション距離8の場合

/fill 79 -61 79 -64 -61 -64 iron_block

世界のタイプを「フラット」にして世界を生成し、初期地点の「x=0 y=-60 z=0」で上記のコマンドを実行すると、付近の床が鉄ブロックになります。

y座標を「-62」「-63」と変更しながら実行していけば床下も鉄ブロックになりますし、「0」などにすれば空中に鉄ブロックの大地を作ることもできます。

なお、より広範囲の床を効率的に塗り替えたい場合は、以下の所長さんの動画を参考にしてみてください。

【参考動画】
【研究所の作り方】「床一面のブロックを塗り替えるコマンド」解説【マイクラ統合版】【ゆっくり実況】

入力例②:整地する

コマンドで整地したあと

「x=100 y=88 z=50」にいる状態で実行

/fill 132 88 82 68 94 18 air

整地をしたい場合は、整地したい範囲を「空気ブロック(air)」に置き換えます。

「世界の範囲外にブロックを設置することはできません」というエラーにならないようにするコツは以下を参照してください。

シミュレーション距離について理解できなかったり、どこまでがシミュレーション距離の範囲なのか調べるのが面倒な場合は、指定する座標「x,z」を自分のいる座標から「±32」までにしておけばエラーになりません。
(シミュレーション距離4の場合。8の場合は±64まで)

上の例であれば、自分のいる座標は「x=100 z=50」なので、「+32」した「x=132 z=82」と、対角の指定座標は「-32」した「x=68 z=18」までであれば、確実に範囲外になりません。

この場合、y座標については7段までであれば、設置数制限である「32768ブロック」を超える心配もありません。

入力例③:付近に鉱石がどのくらいあるか調べる

深層の鉱石が見える状態

「y=-58」にいる状態で実行

/fill ~32 ~ ~32 ~-32 ~6 ~-32 air 0 replace deepslate
/fill ~32 ~ ~32 ~-32 ~6 ~-32 air 0 replace lava
/fill ~32 ~ ~32 ~-32 ~6 ~-32 air 0 replace gravel

少し前で解説した通り、「replace」という置換方法を指定しているので、「air」のあとにデータ値の「0」の入力が必須です。

整地のコマンドと、座標の入力方法「~」の応用です。

ダイアモンドの鉱石が出やすい深層の「ディープスレート(deepslate)」を「空気ブロック(air)」に置き換えて、付近に鉱石がどの程度あるのか見えるようにしてみました。

「溶岩(lava)」と「砂利(gravel)」も邪魔だったのでそちらも置き換えています。

「↑キー(十字キー上)」でチャットの履歴を呼び出せば、最後のブロック名を変えるだけで済みます。

ツース
ツース

同じようにネザーで「ネザーレック(netherrack)」を指定すれば、『古代のがれき』がどの程度あるのかも見れますね。

/time ワールドの時刻を変更する

自由に時刻を変更でき、モブの動作確認などにも使えるコマンドです。

統合版では、チャットウィンドウの左の「/」マークから「時間」を選ぶと簡単に実行できます。

「/time」コマンドの基本的な入力方法は以下の通りです。

/time set 文字or数字

文字を入力すると6段階の時間設定ができ、数字を入力するとさらに細かく時間設定ができます。

入力可能な文字および、それに対応した数字は以下の通りです。

時間文字数字
日の出sunrise23000
日中day1000
正午noon6000
日没sunset12000
night13000
午前0時midnight18000

/weather 天気を変更する

「晴れ」「雨」「雷雨」の3種類の天気に変更できるコマンドです。

統合版では、チャットウィンドウの左の「/」マークから「天候」を選ぶと簡単に実行できます。

末尾に数字を追加すると、その天候の持続時間を設定することも可能です。

「/weather」コマンドの基本的な入力方法は以下の通りです。

/weather 天候 持続時間(秒)
スポンサーリンク

まとめ

今回は、マイクラ統合版におけるコマンドの基本的な使い方と、よく使うコマンドについて紹介させて頂きました。

コマンドは通常プレイではあまり使うことはありませんが、クリエイティブモードで建築や装置のテストをする時にはとても便利です。

もっと複雑なコマンドや、コマンドブロックというものもありますが、まずは今回紹介した簡単なコマンドから試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました